So-net無料ブログ作成

残念な人 [日記]









こんなにそそっかしいんだろうね~~~~~


ホント、
ホントにおっちょこちょいなんです。

詰めが甘いの。いつも。いっっっつも。



今日、とある神社に行ってきたんですよ。

御朱印のためじゃなくてね。



実は、昨年の12月頃から
ど~~~~も運が悪いというか
何をやってもタイミングが悪いというか

なんか変だぞ、という状態がずっと続いていました。


今年。年が明けてからは
いきなりインフルでそのままずっとグズグズと体調不良で。


今日、その神社に行くまでに
今年はすでに5つの神社とひとつのお寺に
御朱印めぐりに行ってるのですが

なんかおかしくて
なんかどこも上手くいかなくて

以前感じていた、御朱印をいただいた後の
心が穏やかに満たされるということが全然感じられなくて(ゴメンナサイ[もうやだ~(悲しい顔)]

ヤバいこれはヤバい
ヤバいんじゃない?コレ
なんかヤバいわコレ


そう思って、今日、
御朱印抜きで純粋にお参りだけをするために
ひとりでその神社にシュバッと行ったわけです。


で。


結果ですが、
とても清々しい気持ちになり、
久々の充実感&満足感、
おみくじも大吉で、

あ~やっぱ
神社との相性とか、参拝のタイミングとか、
そういうものがあるんだね~
と思って、

絵馬も書き、気持ちよく奉納してきたんですよ。



で。



今、気づきました。



日付。「平成29年」って書いちゃったわ…






ん 



かなああああああああああ[もうやだ~(悲しい顔)][たらーっ(汗)]







もうね、
ホント、こういうケアレスミスっていうの?

ウン十年生きてきて、
何かを完璧に出来たってこと、無いからね!

いっつもこんなんだからね!

この前も
お寺なのに思いっきり柏手打っちゃったからね!


すんごい恥ずかしい!





今年も恥をかきながら
一生懸命生きていきますよ。[グッド(上向き矢印)]




nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飛んでアフリカ [日記]

大晦日からお正月にかけては
ずっと原稿三昧で

終わった後、やらなきゃならない事を
ザっと片付けるつもりでいたのに…

インフルエンザですよ。


…もうねぇ。

何この虚しさ。

結局またいろいろ先送りですわ…


やっと37度ちょっとまで下がって、
どうにか動き始めましたが。


私、熱に弱いんだよね~

37度を超えた時点で体に痛みが走って、
38度を超えたりなんかしたらもう…

まったく動けませんよ。

3日ぶりにお風呂入ったよ…



熱で寝ている時って、
何故か勝手に声が出るよね。

あと、わけのわからない夢を見る。

アフリカ行ってましたからね。私。


何時の飛行機に乗らないと
どこそこの空港に間に合わないぞ、とか


何の影響なんでしょうね。
すっごいリアルでしたけど。


そんなわけで初詣もまだ先です。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一方面だけからではなく [日記]

新年一回目の記事は
ハッピーなものを書ければ良かったのですが

昨日たまたま見た言葉が頭から離れないので

ちょっとそれについて書きたいと思います。


comicoが炎上し
関係のない人たちまでもがヒートアップして

しかも今は
簡単に自己主張を他人に伝え広げる事が出来る時代なので

日々、かなり過激な言葉が
自由気ままに繰り広げられています。


その中で昨日目にしたのが

「作家たちが運営を擁護する事で
 その人がもっと傷つくとは考えないのか」



…無暗に職場(出版社)を悪く言われ
お給料(原稿料)についてああだこうだ言われ
そこで働く人や作品は所詮クズだと言われ


信頼できる担当さんと一緒に
ただ毎週一生懸命に作品を作っている作家も
十分に傷つくとは「考えないのだろうか」。



事実を文章に起こした、
たったそれだけの事でも、
まったく関係のない人たちに向けて一方的に発せられた言葉は
非常に危険だし無責任です。

だから「こういう人もいるよ」と
みんな言いたかったんじゃないかな。
私も含め。


私は普段、
他の作家さんとまったく交流しないので(作家集会にも行かない)

その言葉を見るまで
他の作家さんたちも声を上げていたという事は
知りませんでした。

それだけ
真面目に一生懸命に取り組む編集さんも多くいる、
という事なんでしょうね。



comicoへの悪意が世間の中でどんどん大きくなっていくのを見て
一番先に浮かんだのが、

映画「天空の蜂」でした。

モックンが演じる、原発に勤めるお父さん。
その子供がほかの生徒や先生からもイジメられ
校舎の屋上から飛び降りました。

その子と、
ケガをしながらも目の前で救えなかった父親(モックン)を
そのほかの人間が(大人も子供も)冷めた目で見ているシーン。

その後、父の悲しみや怒りが世の中へ向けられるんですが

もう心が締め付けられるような、
どうしようもない気持ちになりましたね。



そっちも傷ついたかもしれないけど
こっちも傷ついている。

影に隠れて見えないけれど、
思いが及ばない人たちまでもが
その言葉によって傷ついている。


そういう事に、思いを馳せて言葉を綴って欲しい。


一方的な主張はフェアじゃないです。
だから、
他にもこういう情報があるよ、と発せられた言葉も
同じように大事に扱って欲しいですね。



nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感