So-net無料ブログ作成

長いよ! [日記]

令和になって初めての記事です!\(^o^)/


前半は愚痴っぽい内容ですが
最後まで読んでいただけるとありがたいです。
ただ長いので注意![晴れ]





Twitterでも呟きましたが、
ムスセイが早々と完結枠に移動し、
コメント投稿の受付も終了してしまいました。


………早いよね!?




読者の方にも言われましたし、
私もず~~~~~っと思っていましたが

作品の扱いにとてもとても差がありますよね。



ただ、

よく考えると紙の雑誌でも昔からそうですし、
仕方がないと諦めるしかないです。


人気の作品はこれでもかと前に出すし
宣伝もバリバリしてくれる。



それは当然だとわかってたので、
自分も連載中は
いろんな疑問が湧いてきても

ここはビジネスの世界だから、と自分を納得させつつ
気持ちをうまく流してきました。




ただ一回だけね、


これは我慢ならないよ!! っていう出来事がありました。




内容については詳しくは書きませんが…


普段いつも穏やかなやりとりしかしていない担当さんに
怒りをぶつけた事がありました。




以前、運営さんが世間で騒がれた時に

「悪い人ばかりじゃない。
 少なくとも自分の担当さんは良い人ばかりだった」

と、声を上げましたが


本当に、私を担当してくれた歴代4人の担当さんは
文句のつけようがないくらい親身になってくれました。


なのでその時(怒りをぶつけた時)も
すぐにいろいろと動いてくれましたし

私に謝罪までしてくれました。



…大変だったと思いますよ。


担当する作家数が異様に多い中、
運営と作家の間に挟まれて、仕事は激務。

しょっちゅう体調を崩されてましたし。


4人中3人が退職しています。
1人は他の部署に行ったとか…?

いろいろあったんだろうな…と想像できますよね。


それでも最後の担当さんは
次も編集の仕事に就くとおっしゃってました。

好きな仕事、これからも頑張って欲しいですね!(^-^)



そして今だから言っちゃいますが。



ムスセイが
3月の最終回直前にしてもらえたキャンペーン。

本当はアレ、昨年の11月頃に
新規の読者さんを獲得するためにやろう!というモノでした。


だから「目次」の原稿はそのために作り、
昨年の10月末頃には出来上がっていたんですね。


けれど他の作品のイベントやキャンペーンをどんどん優先されて
結局最終回直前にやっとどうにか出してもらえた、というものでした。




でもね、それでも。


私なんかまだいい方です。


キャンペーンも宣伝もピックアップも
何もしてもらえずいつのまにか終わっていく作品。

いっぱいありましたもんね。
今もありますね。



…ビジネスですから。

「人気」がすべて。それが商業漫画の世界です。


ただ、宣伝してもらえるのともらえないのとじゃ
人気に差が出るのは当たり前だと

運営の人も気づいて欲しいですよね。





で、


もちろん私ももう
ムスセイは終わった作品だと思っていますし
気持ちを切り替えて新しいものを作りますが、


ちょっと思う事があったので書きたいと思います。
ここから後半ね。




ジャ〇プとかの商業誌でよく、
連載会議に通って編集長のOKをもらって…など、

とにかく長い「空白の時間」があると聞きますよね。

それでも連載が決まればいいけど、
ポシャる事も珍しくなく、
すべてが無駄になってしまう期間(アルバイトも出来ず)がある、と。



今の時代って「スピード(鮮度)が命」な所があります。

以前コンビニで働いてた時
上の人から言われましたが

今は「ペンシル型」なんだそうですよ。


一気にグワッと盛り上がって
次の日にはサーっと消えてゆく。

それを売り上げとしてグラフに描くと、
ペンシルのように先の尖った形になります。


今はそういう時代なんですね。


だから、

たとえば最近始まった素敵な絵柄の漫画があるんですが、

「準備に1年かかった。やっと始まって嬉しい」
という作者さんのコメントがありました。



1年前って。

今の感覚で言うと、もう「昔」ですよ。



どんどん新しい事が始まり、あっという間に消えていきます。

1年前の情報なんて、今の感覚ではもう古いんです。


日本の歴史ですら
やっぱりこうじゃなかった、こっちが正しい情報です、とか

コロコロ変わるし、逆に「諸説あります」とか書き加えちゃうし。


なので…



うーん、要するに言いたい事は、


10話以上なのかな?
そんなに多いストックなんて描かせずに、
さっさと連載を始めさせてあげたらどうかな!

…と思うんです。



漫画も「鮮度」が命ですよ。

情報も情勢も毎日変わるんです。





最後に。(やっとか)



最近、「商業漫画家になる必要ってあるの?」
という記事を読みました。


今は発表する場もたくさんあるし、
やり方次第では自分のチカラだけで収入にも繋げられる。

時代が。本当に変わりました。
まったくその通りなんですよ。



一方私なんて紙の雑誌を読み漁って育った世代ですから
やっぱり漫画は紙で読みたい。

ワクワクしながらページをめくりたい。

時々数ページ前を見返したりしてね。


昔、号泣しながら「はみだしっ子」を読んだあの感覚は
今でも忘れられません。

出来る事なら、描く側として「そこ」へ行きたい。




…まあ、紙だとどんなに急いでも
印刷に関係するタイムラグが出来ちゃうので、

さっき書いた「鮮度」がどうとかは
また別の話になっちゃうんだけどね。






とりとめのない記事になっちゃいましたね(-_-;)
読んでくださった方、スミマセンm(__)m[あせあせ(飛び散る汗)]

まあ、まとめるとしたら…


まとめなくてもいいかぁ!別に!\(^o^)/イエーイ[ぴかぴか(新しい)]



令和も頑張るぞ![いい気分(温泉)]
とりあえず明日は、限定の御朱印をいただきに行ってきますわ!
って、漫画関係ない![パンチ]


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1