So-net無料ブログ作成

生み出すチカラ [日記]

連載前、
ベスチャレで1話目を発表したのがちょうど4年前なのですが、
この4年間で世間というか社会が
ずいぶんと変わりましたよね。


わかりやすい例で言えば、

例えばですが
LGBTとか発達障害とか、

いわゆる今までは「特殊」な扱いをされていたものが
世間に広く知れ渡り、また、理解がされるようになりました。


Twitterでは「書き手(描き手)」が声を上げるようになり、

今までタブーな領域であった編集やアンチへの意見を
大きく言う事ができ、
また、多数の共感の後押しを得られるようになりました。


本当に、自由。


イヤだなと思うケースもありますけど
今はちょっとそれは置いといて。


そう。


今の時代はもう
自分を苦しめる「卑怯な匿名の声」なんかに
耳を貸さなくていいんですね。


連載当初は
私もかなりおかしい精神状態になりました。

連載開始から1ヶ月もたたないうちに、
「もう辞めさせてもらおう。途中でもなんでもいいや。
 とにかく連載打ち切りを望んでいる人がたくさんいるから」
と思っていました。


私だけならまだ良かったんですけど

娘がね。
苦しんでいるのが耐えられなかった。


で、

まあ、その後いろいろあったんですが、
娘の話はまたいつか。



私の話だけしますね。


comicoにはコメントを読みたくないアカウントを
非表示にする機能(100人まで)があります。

100人を過ぎると
古いアカウントから表示に戻るというものです。

ある時から、どう見ても「感想」ではなく
とにかく作者を叩きたいんだなという人のコメントは非表示にするようにしました。


もちろんかなり迷いました。

描き手として、書かれたコメントはすべて受け入れるべきなんじゃないのか、とかね。


でも。

そういったコメントで得るものなんて1ミリもないです。

顔の見えないその人のために自分が壊れるなんて、
あまりにもバカバカしい。


結果。

非表示機能にずいぶん助けられました。


心が穏やかになると描くのがどんどん楽しくなるし、
そうするとやっぱり読む人も楽しんでくれる。

そんなふうに、私もこの4年でずいぶん変わっていきました。



そしてちょっと面白いなと思ったのが…


私の場合、スマホのアプリでは非表示機能を使っているのですが
PCで見る場合はまったく無防備な状態でして。

うっかりPCで見ると非表示にした人のコメントも見えちゃうんですね。(当然ですが)


で、

以前嫌な思いをして非表示にした人が
今ではとても好意的なコメントをしてくださっててビックリしたり

逆に粘着質なコメントを残す人がいまだに存在してたり。


そういうのが見えて、
なんていうか…苦笑いというか。


最後の最後まで私が気に入らないんだな~という人がいますね(笑)

気に入らないくせに気になっちゃって見に来るんでしょうねぇ。

もう、「閲覧数とコメント数にご協力ありがとうございました」とでも
言っておきましょうか。

ホント、ご苦労様です。



最近はTwitterなどでも
そういった悪質な人への対処の仕方や心の持ち方なんかが
よく話題に上がっていますけど


ホント、匿名で作家を傷つけようとする人なんて
まっっっったく気にしなくていいと思います。



それを気にして発表の場が狭まったり
創作者が委縮してしまうのなんて本末転倒です。



今は匿名掲示板への書き込みも
悪質な発信者を突き止められる時代になりました。

スゴイことですよね。


長くなりましたが、要するに何を言いたいのかというと


漫画でも小説でも
創作する、生み出すチカラのある人は
それだけで素晴らしいんですよ、と。

卑怯な声に負けないでね。と。



…自分に対しても言ってますけど(笑)



匿名でしか人を叩けない人は
自分では何も生み出せない、なんのチカラも持っていない可哀想な人です。

全国の創作者さん頑張れ!頑張ろうね!


という本日の日記でした[晴れ]



nice!(2) 

nice! 2